>

定期的に外壁を点検しよう

雨風の影響を受ける部分

外壁は、雨や風のダメージをダイレクトに受ける部分です。
内部よりも、劣化しやすい部分だと覚えておいてください。
ですから内部はまだ綺麗でどこも異常が起こっていなくても、外壁が剥がれていることがあります。
外壁が剥がれると、雨漏りなどのトラブルが起こるので、リフォームしてください。
その状態で災害が訪れたら、簡単に崩壊するので非常に危険です。

劣化している状態の住宅では、安心して暮らすことができません。
定期的に外壁をチェックすれば、リフォームのタイミングを上手く見極めることができると思います。
特に上の部分は見逃がしやすいので、よくチェックしてください。
心配だったら、専門家にチェックだけでも依頼するのがおすすめです。

早く依頼するメリットとは

早く業者にリフォームを依頼することで、工事の期間が短くなるメリットがあります。
外壁の塗装が完全に剥がれている状態ではリフォームするのに長い時間が掛かります。
工事中は音がうるさく、ストレスが溜まるかもしれません。
なるべく早く終わるように、外壁の異変に早く気がついてください。
また工事の期間が短いということは、費用も安く済みます。

工事の期間が長引くと、それに伴って費用も高くなると思ってください。
塗装が剥がれて間もないころにリフォームを依頼できれば、1週間前後の工事で終わりますし、費用も10万円程度で済みます。
異変が起こっても放置して、もっと悪化した状態の時に依頼すると、50万円近い金額になってしまうかもしれません。


この記事をシェアする